エロコルキーで見れる「巨乳」動画

出会って1ヶ月でアナル調教されてしまった体験談

出会って1ヶ月でアナル調教されてしまった体験談

この時ぼくはなみちゃんにぼくの全部を曝け出した。

まだまだ知り合ってひと月、逢うのって2度目だというのにLINEであれほどのセクシーな会話して完璧に先走り過ぎた事を後悔してしまった。

心の底から彼女はミステリアスな女子だよなぁと思われる。
外見上はちょっと華やかなオシャレな若い女子だけど、時々お母さんみたいな男子をほっとさせるオーラを出していた。

 

この子にならぼくのどのようなハズカシイ所を見られたとしても良い。
こんなふうに考えればぼくはまったくなみちゃんの息子にでもなってしまった感じ。

 

そのようなことを冷静になって考えつつ、ぼくは椅子に座らされている。
脚をМ字に開脚したまま手すりに固定化された上に背後で手を縛られるという、ぼくのあられもない格好を再認識してしまった。

 

「はずかしい…?」

なみちゃんは小悪魔のようにニヤリと笑って煽り立てるみたいにささやいた。

「うん…」

言うなればもうそろそろバージンを捨て去る少女みたいに力を落としてぼくは呟いた。
ぼくのおちんちんはとっくに確実に勃起していて、先っぽからずっと透きとおるような液体が光っていた。

 

なみちゃんは男性自身についてはタッチしない。
手で刺激することもまずありえない。

 

しばらくしてなみちゃんはおちんちんの直下の金玉袋のさらに下部、アナルのところに意識を向けた。
突如視線がウットリとしてきたので明らかに察しがついた。

 

「ここ…」

 

なみちゃんは指先で触るか触らないかくらいそっとソフトに触れた。

 

瞬間吐息が出そうだったのをガマンした。
体中に電流みたいな快感が駆け巡った。
勢いよくアナルが縮むのがぼく自身にもよくわかった。

ふとなみちゃんのことが気になって目を向けると彼女は楽しそうに一通りの動きをまじまじと見つめていた。

 

「ヒクヒクしてるね…」

 

次にお尻の穴の両サイドに手を置いてとっくにかなり開かれているアナルだがもっと押し広げられた。
釣られてアナルのカタチも左右に伸びてしまっているのがぼくにも気がついた。

 

ぼくのはずかしい部位をこんなに誰かに見られる体験はきっとこれから先もほとんどないだろう。

しかも好きな人に、このようなあられもない様相で…

さながら自分自身が女性にでもなってしまったかのごとく、今はカラダが身動きできるわけないこんな状態すら快感を感覚えずにはいられないのだった。

 

そして、完全になみちゃんのなすがままの自分に新しい魔の手が下される。
彼女は広げているアナルに向けて息吹を吹きかけた。

 

いつもは外の空気に直接触れる状態になっていないアナルは必要以上にビンカンな反応をし、さらによく繰り返し収縮動作をする。

ぼくのアナルは収縮を何度もするも、なみちゃんの手でもって固定化されてしまっているので意味なくぴくぴくと痙攣しているだけであろう…

こんな姿をじっくりと見守っていたなみちゃんは子どものように輝いた瞳でこう言う。

 

「カワイイね。それじゃぁそろそろ良いかな…」

 

なんて口にしてなみちゃんの体がスっと下に移動したと思ったら、次の瞬間いきなりアナルに生暖かくて柔軟性のあるモノが触れたのだった。

尋常でない気持ち良さに膝がビクンと反応した。

 

「ソレ」がぼくのお尻をなで上げる、そして上のほうに行って再び戻ってくる…

 

この一連の動作がなされる毎に気持ちが壊れるくらいの快楽の波が押してきた。

 

ぼくのアナルを愛撫してくれているのって他の誰でもないなみちゃんの舌なのであった。
アナルを舐め回される。

これ程までの気持ち良さということは理解できないままで、安直なLINEの返事をしてしまったを悔やむ感じがほんのちょっと頭の中をよぎった。

まん丸のアナルの周囲をクルクルと円を描くみたいに舌を何往復もしたり、
皺の1つ1つさえもきちんとゆったりと舐めたり、
中央部に尖らせた舌を突き刺したり、
舌全体を押し付けるみたいにベロンと舐めたり…

 

その後なみちゃんはそのような行為をいちいちぼくのお尻に当てた両方の手でアナルを収縮させたりしながら行った。

ぼくはぼくのアナル周囲の肌が時間をかけて柔らかくなってしまっていることに気が付いた。

 

おそらくなみちゃんのねじ込んだ舌でもってぼくのアナルは少々広がっていき、中央にはちょっぴり余裕が出来始めているのであろう。

 

ざっと10分程度彼女の柔らかな舌でもってアナルを愛撫され、ぼくはふと気づけば自分自身の性器の先っぽより多量の透明な粘液が糸をひいているということに気づいた。

 

不思議だけど男性自身についてはいくらか勃起状態からは萎えていた。

 

なみちゃんは緩やかに舌をぼくのアナルからどかした。
相変わらず両方の手はぼくの尻に置いたままだけど、そのあとどんな事をされてしまうのかはぼくは知っていた。

 

「それじゃぁ、さっそく少しずつ挿入していこうか」

 

ぼくは潤んだ視線でなみちゃんを見つめつつゆったりと頷いた。

 

利用サイト
PCMAX公式サイト【18禁】

https://pcmax.jp/
trishも利用してるよ❤

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX